毛抜きを上手に行う方法

毛抜きを使用するところは、やはりどうしてもムダ毛が目立ってほしくないというところです。
そのため太い毛の部分や顔のムダ毛の処理に使用することが多いです。
毛抜きを使用するメリットは、確実に抜けるという点です。
また抜いてしまうので、次にムダ毛がはえて来るまでに時間がかかるのですね。
その点で利用価値が高いと思います。
しかしながら、痛い、時間がかかるというデメリットもあるのですね。

そこで私が毛抜きを上手に行う時に実践していることをご紹介します。
まず一つ目は、入浴して皮膚が柔らかくなった後に行うということです。
皮膚が硬い、そして毛穴が収縮しているような時には、毛を抜きにくいので注意が必要なのです。
次に毛抜きを使用する部分は最低限にするということです。
毛抜きは確実に効果があるので、いろいろな部分を抜いてしまいがちですが、実際に眉などを抜きすぎてしまうと、今度は毛が生えてしまわないこともあるほど。
そのため抜きすぎには注意が必要です。

そして毛抜きで抜いた後には、しっかりと毛穴を引き締めるための対策を取るということです。
毛抜きで抜く毛は細くはありません。
少し太めです。
しかしそれを抜いていると毛穴が開いてしまって、目立つようになってくるのです。
腕や足ならまだいいのですが、鼻の下の部分や鼻の頭といった部分の毛穴が開いてくると、目立ちます。
またその部分に皮脂が詰まったりすると、黒ずみの原因になることもあるのです。

そのため、毛抜きで抜いた後には、必ず毛穴を引き締めるためにローションを塗る、また保湿効果の高いものを塗るようにしています。
これを続けることにより、毛穴の広がりを防ぐことが出来るのです。

また毛抜きもいろいろなタイプがあるので、私は抜く場所によって、色々と使い分けています。
使い分けることによって、凹凸のある場所でも毛が抜きやすかったり、無理に引っ張ることがなくなるからです。
やはり美容のために毛抜きを使用するならば、上手に使用しなくてはいけませんね。
そのため、毛抜きの種類や方法にはこだわって使用しています。

このページの先頭へ