脇毛の毛抜きは集中力と夫の助けできれいにできる

剛毛で毛深い脇毛、これに悩まされカミソリで切ると、うまくできなくて肌荒れをしてしまったり、切ったりしてしまうこともしばしば、それでリーズナブルなシェーバーで脱毛しようとしたら、今度は肌がヒリヒリそして一時的にきれいになってもすぐに伸びる、またシェーバーを使うとさらに剛毛がパワーアップしていくような感じでこれはだめ、かといって脱毛エステに通うほどの金銭的時間的な余裕もないために、一番よいのが毛抜きという結論になりました。

これでやれば肌がヒリヒリすることはないし、毛の根元から抜くので、そうすぐには生えてきません。抜くときにちょっとぴりっと痛みを感じることもありますが、慣れるとそれほど問題ではなくなります。

この毛抜きでちょっと難儀なのは、時間がないときで、慌てていると、間違えて肌をつかんでしまい、たまに血が出てしまうことがあることです。

自業自得とはいえ、鏡の前で腕を持ち上げて脇毛を見ながら抜くのは確かに面倒だし、大変ですが、他に選択肢がないという感じで続けています。
それで脇毛の毛抜きで重要なのは集中力であり、真剣にやるということです。

そして太い毛は毛そのものが丈夫なので、ピンセットでつかむとしっかり根元から抜けて気持ちがいいのですが、細い毛だと、つかんだところで切れてしまうことが多く、根元から抜けないのがちょっと難儀です。
そして腕を上げ続けるのもなかなか疲れてくるのも、容易ではないと感じる瞬間です。

最近は脇毛を抜くのが面倒なときには夫に助けてもらってベッドに寝転んで腕を上にあげて、毛抜きをしてもらうようにしています。
これだと本当に楽で、まるでお店にしてもらっているかのような気分にもなれます。やはり夫も太い毛はきれいに抜けるけど細い毛はどうしても切れてしまうので根元が残ってしまうと言っています。

毛抜きをしてもらった後はお礼として、足のふくらはぎのマッサージを少しやってあげることで、お互いのニーズを満たし合い、上手くやっています。
やがては脱毛エステやクリニックに通いたいですが、しばらくはこの方法で毛抜きをしてなんとか処理しています。

このページの先頭へ