毛抜きで皮膚を傷つけた悲惨な体験

ついついカミソリや器具を用いるのが面倒で、手やピンセットなどで毛抜きしてしまう人も少なくないと思いますが、私も実は過去に毛抜きで大失敗した体験があります。
やはり、本当は脱毛店に通ったり、カミソリなどの専用の物を使ってムダ毛を処理することが大切ですが、当時10代だった私はほとんど知識がなく、ムダ毛が生えてこなくなればいいと思って毛抜きをしてしまったのです。

その結果、皮膚はかなりのダメージを受けてしまい、赤く腫れてしまいましたし、毛抜きをするとけっこうな痛みを伴いました。

それは当然の結果なのですが、そのときの私は脱毛が面倒だったのと、毛抜きをすればもうムダ毛が生えてこなくなるかもしれない!という不確かな希望を抱いていました。
もちろん、全くそんなことはなく、すね毛などの毛抜きをしていると、皮膚に大きなダメージを与えてしまい、しばらく痛みなどもひかなかったですね。

毛抜きをする方々もいますが、やはり、できればしっかりと専門店で脱毛したり、器具を購入して脱毛したほうが良いのは間違いないでしょう。
毛抜きは皮膚にとって相当悪いものであるので、自分で毛抜きをするのはしないほうがいいですね。デメリットが大きいですし、体にとっても良くないのです。

脱毛に関心がある人もたくさんいるのですが、つい面倒で手でムダ毛を引っ張ったり、ピンセットなどで毛抜きをしてしまうこともあると思います。

しかし、それは危険性も高いために、皮膚を傷つけてしまう可能性が高いでしょう。
私も毛抜きをしてしばらく皮膚が元通りにならなかったため、改善するのに時間がかかりました。痛みもありますし、お風呂のときにヒリヒリ感があったのです。
なので、もう毛抜きは懲り懲りでしたし、やらないほうが良いと思いました。

これから毛抜きを考えている方であれば、やっぱり毛抜きはしないほうが良いと思いますね。
マイナス点が大きいので、脱毛店やカミソリなどで安全に処理を行いましょう。

このページの先頭へ