毛抜きを使用したムダ毛処理のポイント

自分でムダ毛処理を行う場合は、どのようなアイテムを活用しますか。

なくてはならないアイテムとして最初に想像ができるのが、毛抜きではないでしょうか。
毛抜きの最大のメリットは、カミソリなどとは違い毛根からしっかりムダ毛を除去できるということでしょう。
さらに、毛根から除去できますので、毛穴の黒ずみなども一緒に取り除くことができるというメリットもあります。

また、ムダ毛の表面だけではなく毛根から除去させるため次に生えてくるムダ毛のタイミングを遅らせるという魅力もあります。

しかし、毛抜きを使用したムダ毛処理には大きなリスクもあります。私の場合は、肌の表面が黒ずんでくると状態に悩まされてきました。

毛抜きを使用することで、毛だけではなく肌も摘んでしまうことがあり、部分的に肌を痛めてしまっていることがありました。
さらに、毛抜きは毛根に含まれている必要な油分までも同時に除去してしまうため、一時的に乾燥肌になってしまうという経験もしました。

毛抜きによるムダ毛処理直後は、とても綺麗に見えるのですが、次の日には肌が赤くなってしまい所々かさぶたのように見えている部分もできてしまうほどでした。

こうした症状の改善には、やはり処理後のケアが最も重要だと感じています。
保湿を行うことはもちろん、必要であれば部分的に軟膏タイプの傷薬なども同時に使用することで、こうした症状はかなり抑えられています。

また、毛抜きを使用してムダ毛処理を行う場合はある程度毛が伸びている状態であることが重要です。
毛が短い状態で無理に抜いてしまうことで、毛抜きで肌を摘んでしまう可能性が高くなってしまい結果的に肌を痛めてしまうからです。

そして、毛抜きは常に清潔な状態に保っておきましょう。
雑菌が含まれている状態で使用することで毛穴が開いてしまっている部分に雑菌が入りやすくなってしまいます。

手軽に使用できる毛抜きですが、毛抜きを使用して綺麗な肌の状態を保っておくためにも多くのことに注意する必要があることが分かりました。

このページの先頭へ