毛抜きで毛を抜くという行為の爽快感

シンプルに爽快感だけで評価すると、私にとってもっとも良質なムダ毛処理方法は毛抜きでの処理になります。
毛抜きで毛の一本一本をつまんで抜いていく作業は、無心にそれだけに集中できて、私は好きです。

ムダ毛には毛抜きで抜けやすい毛と抜きにくい毛というものがあって、抜いた時の感触が全く異なるのが不思議だなと、幼少のころより常々思ってました。
抜きにくい毛を抜こうとすると痛いし抜けないし涙目になるほどで、もう毛抜きを使うのは止めようとその時はいつも考えるのですが、前者の毛の軽く引っ張るだけですっと抜けていく様に爽快感を覚えてしまうと、後はもうひたすら毛抜きで毛を抜くマシーンと化してしまいます。

毛にはそもそも抜ける周期があって、ムダ毛は知らないうちに生えたり抜けたりを繰り返しているのだという知識をネットより得てから、抜きやすい毛は抜ける時期の毛なのだなとわかるようになりました。
ただ理由がなんとなく理解できたところで、毛の判別はできず、毛抜きでの処理の時にはいつもデッドオアアライブなギャンブル気分を味わっています。

抜きにくい毛を強引に抜くと、毛穴は目立ってきますし赤くなって膿んだりしますし、埋没毛も発生するしていいことがありません。
毛抜きでのムダ毛処理が推奨されないのは、強引に抜いた時のそのリスクを、問題視してのことなのでしょう。

私も肌の露出を控えていたりと、リスクを抱えるのが嫌な時には、他のもっと安全で一気に処理できる手段を利用しているのですが、どうしても毛抜きと完全に縁を切ることができません。
洗面台の所には、他の処理道具と並べて毛抜きを置いてしまいますし、身だしなみを整えていて目立つムダ毛を見つけると、つい毛抜きを手に取って抜いてしまいます。

毛抜きで処理した後は、保湿美容液やクリームで肌を保護するように、最近では少しでも気を付けてみるようになりました。
相変わらず跡は残りますし、埋没毛もなくならないので、効果があるのかはよくわかりませんが、せめてもの良心としてそうして肌の調子を整える努力はしていこうと思っています。

このページの先頭へ