毛抜きを使った脱毛で肌荒れしてしまいました

以前は、ムダ毛のお手入れといえばカミソリぐらいしかない時に、私はカミソリと毛抜きを併用してお手入れをしていました。
まず最初にお風呂場で泡をたっぷりつけてカミソリで全身を剃ります。
これだけで膝下とか肘下のムダ毛は1週間ぐらいはムダ毛のお手入れをしなくて済むのですが、ワキとVエリアだけは剃ってから数時間すると、もう毛先がチクチクとしてくるので毛抜きで伸びてきたムダ毛を抜くことが習慣化しました。

毛抜きで抜くとワキもVエリアのムダ毛もかなり長い期間、新しいムダ毛が伸びてこないのでとても便利でした。
ですから剃った後に毛抜きで抜くという方法はかれこれ10年以上は続けていたと思います。
しかし、これだけ長期間毛抜きを使ってムダ毛を引っ張って抜いていたために肌荒れで毛穴がブツブツとした感じになり、手触りも悪くなってしまい肌トラブルが起きてしまったのです。
しかも肌あれだけはなく脱毛エリアの皮膚の黒ずみも起きてしまいました。

毛抜きはムダ毛を無理やり引っ張って抜くという方法なので、これはすごく皮膚を傷める行為だということは後になって知りました。
知らない間に皮膚に負担をかけ続けてしまったために黒ずみやブツブツとした肌荒れを起こしてしまったので、毛抜きによる脱毛は完全にストップしなければならないと思い、毛抜き使用はそれ以来していません。
しかし毛抜きを使わなくなってからも、黒ずみや肌荒れはなぜかなかなか元に戻りませんでした。
やはりかなり長い期間肌を痛めつけてしまったので、回復するにはそれに応じた時間が必要なのだと悟りました。

そして膝下、肘下の脱毛は相変わらずカミソリでさっと剃って済ませていますが、ワキとVエリアのお手入れは脱毛サロンで行うことにしました。
2年以上通ってお肌のトリートメントをしてもらいながら毛抜き脱毛で傷めた毛穴を修復していたら、少しずつ黒ずみも薄くなってきました。
毛抜きは手軽な脱毛方法ですが、このような思いもよらぬ皮膚のトラブルをいろいろ起こしてしまうので本当に気をつけないといけないと感じています。

このページの先頭へ