痛くない脱毛で綺麗にお手入れしたい人のための方法

痛くない脱毛法

脱毛する時に無理に抜こうとすると肌のトラブルを招きます。
焦れば焦るほど上手くいかなくて痛い思いをする事がありますが、入浴時はもちろん脱毛前に蒸しタオルを顔に乗せ、しばらく放置した後で行うと毛穴が開いた状態になり、脱毛しやすくなります。

毛抜きを使用する時は必ず毛の根元の方をつかみ、毛の流れに沿って抜くと肌のトラブルが避けられます。
100円均一のお店で販売している毛抜きでも満足出来る人がいるかもしれませんが、より綺麗に抜きたい場合は、大量生産より職人さんが一つずつ丹精を込めて手作りした毛抜きを買う事をお勧めします。
値段は高くなるかもしれませんが、うぶ毛まで抜く事が出来て長持ちするので、一生ものとして大事に使えます。

皮膚科やエステティックサロンに行くと医師やエステティシャンに脱毛してもらえますが、個人によって肌のトラブルが起きます。

脱毛を始める前に自分の肌の状態について知っておくと、トラブルがなく脱毛出来ます。
エステで脱毛する前には予め肌のタイプを診断しますが、自宅でも手軽に診断する方法があります。

洗顔した後タオルで上から優しく抑えるように水気をふき取り、5分から10分そのまま放置します。
この間読書やストレッチなど別な事をしてもOK。
時間が来たら肌の状態を確認します。
肌のタイプは普通肌、脂性肌、乾燥肌・敏感肌、混合肌の4タイプです。
顔を指で触ってみて全体に潤いがあるのが普通肌、Tゾーンを中心に脂っぽいのが脂性肌、全体に乾燥していて頬や目元、口元に潤いがないのが乾燥肌・敏感肌、Tゾーンだけ脂っぽい混合肌ですが、自分の肌のタイプがわかったら最も良い脱毛法を選ぶ事が重要になります。

ドラッグストアのコスメコーナーでも肌のタイプを診断してくれるところがあるので、脱毛時の注意点やその後のお手入れについて聞いてみると良いでしょう。

このページの先頭へ