毛抜きでの脱毛処理、部位によっては痛くて大変です!

無駄毛の処理って、大変ですよね。私も色々とやりましたが、毎日毎日の話なので、肌を傷めてしまい悩みの種でした。

毛抜きで処理を続けた時期もあります。
カミソリ処理の場合は、すぐに多量に対応できますが、旅行で朝早く処理した時などは、夕方再確認しないと駄目でした。
毛抜きの場合は、時間が掛りますが、次に生えてくるのに2~3日掛るので、カミソリよりは安心です。

でも、毛抜きの処理は痛い!ワキ毛の場合は、多少痛みを我慢することはできるのですが、問題はビキニラインです。
こちらは、夏でも毎日処理する必要は無く、水着を着る時とかお出かけする時程度。
でも、必要となったら、処理しなくてはいけないのはワキと同じなので、大変です。
特に内側の繊細な場所にいくほど、毛抜きの痛みは増えていきます。

比較的痛みを軽減するのは・・・お風呂できちんと湯船に浸かった後の毛抜き処理。
多分毛穴が開いているのでしょう、痛みがいつもよりも感じず、抜けてくれます。
きっと蒸タオルで温めてからの処理なら、浴室でなくても大丈夫なのでしょう。
湯船に浸かっての処理は、お風呂時間が長くなり、家族にも迷惑を掛けてしまうので微妙です。
湯あたりも心配だし。

毛抜きでの処理で、困った時もありました。
若い時は当たり前でしたが、年齢を重ねると首が硬くなったのか、首がきちんと回らなくなったのです。
私の場合は右に向くのは問題無いのですが、左を向くのが少し大変です。
ワキ毛って1本残しても不安ですよね。

結局、エステで脱毛処理をお願いしました。
結構高かったのですが、毎日のストレスが解消されてホッとしています。

その時に、デリケートなビキニラインの脱毛もお願いしようと思ったのですが、無理でした。
トライアルをしたら、凄く凄く痛くて我慢できなかったのです。涙も出てきて、辛くて大変でした。

スタッフさんにお願いして、ワキだけの脱毛にしてもらったのです。
ビキニラインは、今でも自分で自宅で毛抜き処理しています。
まあ、季節限定と思って納得するしかないですね。ビキニラインって、どうしてあんなに痛いのでしょう。

このページの先頭へ