あんなに多かった埋没毛が無くなった

ムダ毛はあると恥ずかしいというだけではなく、すでにケアはエチケットになっていますよね。
でも、エステやクリニックに通うのは、手間も時間もかかるものです。
セルフケアなら元手は低く、好きなタイミングで処理できるのが嬉しいんですよね。
でも肌が弱くて除毛剤やカミソリは使えない、そうなると使えるのは毛抜き一択になってしまいます。

  • 皮膚の下に毛が生えた?!

    毛抜きを使ったムダ毛処理に付き物のトラブルでは、やはり皮膚の下に毛が伸びてしまう埋没毛ではないでしょうか。
    抜いたムダ毛が新しく生える時にうまく毛穴から出て来ずに、皮膚の下で成長をしてしまう事って多いんですよね。

    皮膚の下に透けて見えていて恥ずかしいですし、時には化膿してしまう事もある埋没毛、擦ったり引っ掻いたり、時には針でつついたりして、あっさりと取れればまだ良いのですが、失敗すると肌に余計な傷を付けてしまうこともあるのが困りものです。

  • ムダ毛のくせに抜く時に痛い

    どうせ抜かれる運命なんだから、ムダ毛なんて生えて来なければ良いのにと思うけど、生えてくるものは仕方ないですよね。
    一本ずつ抜いていくのは面倒ですが、始めると意外と熱中しちゃうから不思議です。
    ただチクチクと痛いのだけはツライですね。

    痛いのは嫌だし短時間で済ませたいから、リズミカルにぷちぷちと抜いていたけど、その考え方がどうやら間違いだったみたいです。

  • ひと手間かければトラブル知らずに

    毛抜きによるムダ毛のセルフケアの問題点と言えば、埋没毛、色素沈着、痛みですよね。
    実はコレ、ちょっとしたひと手間を掛けるだけで解決できちゃうものだったんです。

    処理する時というのは、ムダ毛が伸びて目立ってきた時や、薄着シーズンの直前ですよね。
    伸びたムダ毛を毛抜きで抜こうとするから、痛みや埋没毛が多かっただけなんです。
    無理に抜こうとするから痛みが強く出たり、ムダ毛の根が残って埋没毛を起こしてしまうんです。

    ムダ毛の根元をつまんで毛の向きにそって静かに抜けば、痛みも埋没毛も抑えられ、色素沈着だって起こりにくくなるものなんですよ。
    そのためには、いきなり毛抜きで引き抜くのではなく、最初にハサミでムダ毛を短くしてしまうのがベストです。

    ハサミでカットする手間は増えますが、たったそれだけでトラブル知らずになれましたよ。

このページの先頭へ