カミソリを使って髭を剃る場合に注意すべきポイントとは?

男性にとって、髭を剃ることは毎日の日課です。
髭が濃い人は毎日、髭が比較的薄い人でも2日に1回は髭を剃らないと、口周りが青くなってしまいます。

髭を剃るにはいろいろな方法がありますが、最近は電気シェーバーの機能向上にともなって、日常的に電気シェーバーを利用する人が多くなってきました。
しかし、現在でもカミソリを愛用している人は多く、理容院に行けばカミソリできれいに髭を剃ってくれます。

ただ、カミソリを使って髭をする場合には、いくつかの注意すべきポイントがあります。
まず、カミソリを使用する前に、十分に髭を柔らかくする必要があることです。

髭はもともと固い性質を持っており、事前に柔らかくせずにカミソリを使ってしまうと、肌を痛めてしまう可能性が高いです。
そこで、シェービングクリームやジェル、石鹸などを利用して、口周りをしっかりと保湿し、髭自体を柔らかくさせて剃りやすい状態を作っておく必要があります。
理想的には、蒸らしタオルを利用するのがベストですが、毎日蒸らしタオルを使うのはさすがに億劫ですので、自分の肌にフィットした上手な方法を開発することが重要です。

次に、カミソリの使い方を間違えないことです。
男性の皆様は、なるべく深剃りをしようとするあまり、髭の生える方向に逆らって、具体的には、下から上にカミソリを動かしてしまいがちです。
しかし、髭の生える方向と逆にカミソリを動かしてしまうと、皮膚を不自然に引っ張ってしまい、毛穴を痛めてしまう可能性があります。
カミソリを使う場合には、髭の生えている方向と同じ方向に、具体的には、上から下にカミソリを動かして剃ることが重要です。
このような剃り方をすれば、皮膚を痛めることなく、髭を剃ることができます。

最後に、カミソリを使った後は、保湿を徹底することです。カミソリを使った後は、どれだけ丁寧に髭を剃ったとしても、肌表面はいくらかのダメージを受けています。
そこで、保湿クリームなどを塗布して、肌の乾燥を防ぐことが重要です。

このような注意すべきポイントを守ることによって、快適にカミソリを使った髭剃りを行うことができるでしょう。

このページの先頭へ