カミソリで脱毛!ツルツルの肌は手に入れられるか?

私の実体験からお話をすると、カミソリでの脱毛はコツが必要です。
いくつかの失敗例から学んだコツをお伝えしたいと思います。

まず始めに、使用するカミソリは安全なガード付を選ぶことです。
今どきは大体ついているのが当たり前ですが、安いカミソリには付いていなかったりしますので注意です。

一度、私はガード無しの商品で顔を剃った際に、鼻の上を少しだけ切ってしまった事があります。
ほんの小さな傷ですが、人に会うことが多いので顔を見られるのが恥ずかしかったです。
顔など隠せない場所を剃る際は特に、剃る場所に合ったガード付の物を選ぶのがオススメです。

次に、カミソリで剃る場合は専用のシェービングジェルやローションを使用することです。
または、モイスチャーソープ付などの特殊なカミソリを使用すると便利です。

カミソリでお肌を剃ることは、それだけ素肌への負担を掛けてしまうのです。
お肌に負担を掛け過ぎると、剃り負けをして最悪の場合は傷になってしまいます。

お風呂などで使用せず、乾燥した肌に直接カミソリの刃をあてるのも危険です。
過去に化粧水を少しつけて剃ったことがあるのですが、その後の化粧にムラが出来てしまいました。

やはり乾燥している肌にカミソリを使うと、目立たなくても細かい傷がついているようです。
お肌を守りつつキレイに剃るには、保湿成分が入っている専用のジェルやローションを使用すると安心です。

あと、敏感肌専用も売っているので、剃った後にお肌がピリピリしやすい人はそちらがオススメです。

最後に、全身を剃る際に気を付けることがあります。
注意書きにも良く記載がありますが、カミソリは毛の流れにそって使用するのが安全です。

よく逆剃りとよばれる、毛の流れに反した剃り方は肌を痛めるどころか跡になりやすく危険です。
特にアンダーヘアなど太い毛が生えている場所に逆剃りをやってしまうと、ポツポツと赤い跡になってしまいます。

私は温泉旅行前にこれをやってしまい、旅行のメインである温泉に集中できませんでした。
私の脱毛のコツは当たり前のことに思えますが、意外と脱毛に慣れてない方に多い失敗だと思います。

脱毛は毛を剃るだけでなく、その後に見えるお肌を意識することも大切だと思います。
剃った後も、ローションなどでお肌を労わってあげると安心です。

このページの先頭へ