足のスネ毛が気になってカミソリで剃りまくった結果起こったこと

私の足に、目立ってムダ毛が生え始めたのは、確か中学二年生くらいの頃のことだったと記憶しています。

それまでにも産毛やその進化形くらいまでは普通に生えていたのだと思うのですが、黒くしっかりとした毛がスネを覆うようになって、体を洗う時や靴下を履く時、学校指定のハーフパンツを着用しなければならなくなった時に存在を無視できなくなりました。

時期としてそれが早いのか遅いのかはよくわかりません。
自分のムダ毛を何とかしようということに躍起になっていて、友人たちの状態までチェックする余裕が私にはなかったからです。

中学生の子供が利用できる道具など限られていますから、他人の意見を参考にする発想はなかったものの、私も普通にカミソリのルートを通ることになりました。
薬局でもホームセンターでもどこでも売っていた、T字型の使い捨てタイプのカミソリです。

カミソリとのファーストインプレッションは、全く良いものではありませんでした。

水に濡らすこともなく、シェービングフォームを使うこともなく、単純に乾いた皮膚にそのまま当ててしまったので、とにかく痛い思いをする羽目になったからです。
伸びたムダ毛は絡んで、ろくに剃ることはできませんでしたし、これが失敗なのだということは赤く擦れた皮膚を見ても明らかでした。

家族のT字カミソリが浴室においてある理由を身を持って体験してから、私のムダ毛処理の場も浴室へと移っていきました。
毛や皮膚は熱によって柔らかくなり、剃りやすくなるということをはっきりと理解してはいなかったものの、お風呂場で体を洗うついでに処理した方が、痛みが少ないのだと体感でわかったためです。

でも使い捨てを利用していたのが悪かったのか、何度か深く切って皮膚を傷つけてしまうことはありましたし、適当な石鹸でケアしても肌の荒れも引かず、私の脛にはムダ毛がなくなった代わりに傷が残りました。

家族や友人に指摘されることはありませんでしたが、多分ムダ毛処理に手こずっているのだなとはその見かけで伝わったでしょうし、今思い返すと恥ずかしい失敗談です。

このページの先頭へ