新品のカミソリを使ったら痛い目にあった

切れ味を強く持っているのは新品のカミソリですが、実は使っていると意外なトラブルが起きてしまうこともわかりました。

私はカミソリを利用してスネを綺麗にしているのですが、この部分は広範囲になってしまいますし、割と毛穴が目立つようになることから、逆剃りを行っていることが大事だと思っています。
そこで新品のものを使えば、ほぼ間違いなく綺麗にすることが出来るだろうと思っていましたが、この考えが後に大きな失敗に繋がるとは思いませんでした。

一応シャンプーの泡などを使って、切れ味を鈍くするような状態にはしていましたが、逆剃りを行ったところ肌まで傷つけてしまいました。
使っていたのは何処にでも販売しているカミソリだったこともあり、切れ味が異常なまでに強くなってしまい、肌が傷つけられてしまったのです。その部分からはかなりの出血が確認できて、これはやばいと思って早々に風呂から上がって、絆創膏を貼るようにしていました。

この失敗を受けて、私はカミソリをある程度使い込むまでは、逆剃りをしないようにしています。
新品同様のものは強すぎるので、何らかの効果で少し弱めてから逆剃りを行ったほうが、確実に綺麗にできると思っているからです。

肌に負担をかけないようにしながら、どれくらい綺麗にすることが出来るのかは重要な項目の1つでもありますから、なるべく綺麗にできる方法と一緒に、安全に利用することも考えつつ、最終的に逆剃りをする前には普通にカミソリを使うようにしています。

特に販売されている価格が安いものについては、カミソリの質が結構変わっていて、ある商品は非常に切れるのに、他の商品を使ってみると全く切れなかったりすることもあります。

この違いで結構苦労したこともあり、これは逆剃り出来るかもと思っていたら、逆剃りをした時だけ切れ味がかなり強くなって、傷つけてしまったこともありました。
これらの違いについては、よく考えて見つけないと駄目だと思っています。

このページの先頭へ