フラッシュ脱毛だけじゃない家庭用脱毛器

家庭でエステのような効果を得ることができるということで評判となっているのが家庭用脱毛器かと思います。

家庭用脱毛器といえばフラッシュ脱毛ができるもの、というイメージがありますが、私が使用したことがあるのは毛を抜くタイプのものでした。
電動毛抜きといってもよいのかもしれません。
有名なメーカーの人気商品なので知名度は高いものだと言えるでしょう。
腕や脛など用のヘッドだけでなく脇用やシェーバーも付属しており、ヘッドを変えることによってそれらも利用できるというなかなかに使い勝手が良いものでした。

その脱毛器を使用して思ったのは、痛みには配慮されているといわれつつもやはり少し痛いなということでした。
毛を抜くのですから痛いのは当然ですし、我慢できないほどではありませんでしたが慣れるまでは少し気になってしまいましたね。
蒸しタオルなどでムダ毛を処理したい部分を温めてから行うと毛穴が開いているので痛みが少なく抜くことができるのはコツといえるのかなと思います。

また、意外と毛が散りやすいので新聞紙を敷いたり、水気に注意しつつお風呂場で行うのも良いと思います。
特に脇を処理する際には新聞紙を敷く位置がわかりづらいのでお風呂場はおすすめです。

毛抜きタイプの家庭用脱毛器で失敗したと感じたのは上記のように温めて行わなかった時です。
前日に処理を忘れてしまい出かける当日に行ったのですが、タオルを作るのが面倒だと思いそのまま脛に使用してしまったのです。
すると抜いた部分がポツポツと赤くなってしまいました。
まるで何かにかぶれたように赤いぶつぶつが脛全体に広がってしまい、結局脚を露出する服を控えて出かける事になりました。
ちゃんと下処理は行わなければいけないと思ったと同時にそれだけ負担がかかっているのだなと実感することが出来た出来事でもありました。

フラッシュ脱毛式の家庭用脱毛器はきっともっと勝手が違うのかもしれませんが、価格の面で見ても気をつけて使用すれば毛抜き式も悪くはないのかもしれませんね。

こちらもチェック!人気のコンテンツ!

このページの先頭へ