家庭用脱毛器でむだ毛処理のクオリティを上げるためのちょっとした工夫

むだ毛は専門サロンではなくて自分で処理したいと、人に見られるのはいやだからと考える人は少なくないと思いますが、家庭用脱毛器はこれまで痛いというイメージがあり使ってはきませんでした。

けれど家庭用脱毛器はちょっとした工夫をすることで、脱毛時の毛を抜くときの痛みが和らぐことができるのでそれを実践するようになり、家庭用脱毛器のメリットを感じています。

それでは家庭用脱毛器の脱毛時の不快な痛みを軽減するためにはどうするのかというと、やはりワンクッション肌とのあいだに設けることが大切なのです。

というのも、肌が乾燥した状態だとそれだけ皮膚の刺激をうけやすいので、脱毛をする前は必ずベビーオイルや保湿クリームなどで肌をコーティングするようにしています。

ただこういった保湿クリームは脱毛時に、むだ毛まで脱毛しにくくなるケースもあるので風呂前などにケアをして、さっと洗った後脱毛をすると皮膚が潤いがあるので皮膚のつっぱり感が軽減して家庭用脱毛器の独特な脱毛時の痛みを和らげてくれます。

また、脇の下などどうしてもむだ毛が生えるペースが早い箇所は、脱毛前に軽く除毛しついたほうが家庭用脱毛器を使用する時間も早くなりますし痛みも軽減できます。

むだ毛が伸びすぎるとかえって家庭用脱毛器では使いにくいので、久しぶりにむだ毛を処理する場合でしたら除毛したあと、処理し切れなかったむだ毛を脱毛という順番がいいのではないでしょうか。

特にむだ毛が太くて濃いという場合でしたら、むだ毛処理におけるチクチク感が感じにくくなりますし、ストッキングなど電線しやすいものを予防してくれます。

ただ、時間がないという人や忙しいという人なら、週に脱毛と除毛を交換こずつすることでむだ毛処理の困ったを感じにくくなるのではないでしょうか。

家庭用脱毛器は特にむだ毛が太い、濃いという人ほどメリットがあるものですし、使い分けることでもむだ毛処理のクオリティが向上するかもしれません。

こちらもチェック!人気のコンテンツ!

このページの先頭へ