家庭用脱毛器は難しいです…

私は、少し前まで家庭用脱毛器を使用して、自分でムダ毛処理を行っていました。
はじめはカミソリでの処理を行っていたのですが、カミソリ負けをしてしまい、肌が乾燥したりヒリヒリしてしまうようになり、家庭用脱毛器に切り替えました。

電気屋さんで、一番人気の商品だと紹介して頂き、それなら良い製品なんだろうな、と期待をして購入をしました。
しばらくはカミソリのように肌を傷めることなく使うことができていたので、とても快適で、買ってよかった!と心から喜んでいました。

剃るのではなく、抜くため、処理をする頻度も減り、とても楽に感じていました。
しかし、家庭用脱毛器に徐々に慣れてくると、欠点が目につくようになってきました。

まず、家庭用脱毛器はヘッド部分でムダ毛を捕まえて抜くという仕組みなのですが、捕まえられないくらいの短い毛は抜くことができません。
そのため、結局は短いムダ毛が残ってしまい、チクチクとした感触が残ってしまいす。
完全に毛を無くそうと思うと、ある程度毛が伸びるのを待たないと処理をすることができないのです。

その待っている間が非常にストレスですし、そうしている間に、また違う毛が家庭用脱毛器で抜けない長さ程度に生えてきてしまうので、まさにいたちごっこのような状態になってしまうのです。

また、デートなどのお出かけをするときにはムダ毛がチクチクとした状態で行くのはとても恥ずかしいので、結局カミソリで剃ってしまいます。

家庭用脱毛器でムダ毛処理を楽にするつもりが、結局はカミソリも使ってしまうので二度手間になってしまいます。時間を無駄にしてしまっているなぁと毎日思っていました。

また、最初はトラブル無く使えていたのですが、使っているうちに、ニキビのような赤いポツポツができるようになってしまいました。皮膚科にかかって処方して頂いた薬で治しましたが、毛嚢炎というもので、家庭用脱毛器を使っていると起こりやすいトラブルのようです。

そのため、今はエステでの処理を行っています。
チクチクする感触が気にならなず、気長に処理ができる、というタイプの方には家庭用脱毛器は合っているのかもしれませんが、私には合わなかったようで残念です。

こちらもチェック!人気のコンテンツ!

このページの先頭へ