泡脱毛タイプ「ソイエ」の使い心地

なぜ購入しようと思ったのか

もともと毛が濃く、クリニックでの脱毛も検討しましたが、費用が高く、継続して行えないこと、通う時間がかなりかかることを理由にやめました。いつもはボディーソープを泡立てて、カミソリで全身を剃っていています。しかし挙式が海外に決まった際に、カミソリを飛行機で運べないことを知り、脱毛器Panasonicの『ソイエ』を購入しました。脱毛器は購入前に実際に腕で試し、剃る時に痛みがなかったこと、静音設計ではないと書いていましたが、そんなにうるさく感じなかったことでこちらにしました。

タイプ別での検討

ソイエは泡脱毛タイプの脱毛器です。泡脱毛にもともと不衛生のイメージがあり、欲しかったのは、フラッシュ型脱毛の「ケノン」でした。フラッシュ型はレーザー式よりも照射面積が広く脱毛に時間がかからないと、周りの友人の良い評判を耳にしていました。しかし、本体自体の価格が高いこと、それとカートリッジなどの消耗品にも価格がかかることで購入を断念しました。レーザー式は、脱毛に時間がかかりそうなので、もともと比較対象にはしませんでした。

実際使用してみてどうだったか?

新婚旅行中での使用ということもあり、剃っている姿を主人に見られたくなかったので、お風呂で剃れるのは良かったです。やはり泡立ててから剃るので、肌に優しく肌荒れなどは起こしませんでした。毎日、使用しないといけませんでしたが、それは脱毛器購入前と同じだったので、さほど苦痛には感じませんでした。重さも軽かったので、楽でした。気になっていた不衛生部分も、使用後に細かいところまで洗浄できるので旅行期間中は気になりませんでした。日本に帰国した今もさびなどはでていません。

良くなかった点

購入時に一番気になったのは、中国製であること。比較対象になっていた「ケノン」が日本製だったので余計に気になりました。肌に直接触れるものだったので日本製に越したことはないかと思いました。しかし価格を思うと、ここは譲歩しようとしました。今のところ中国製での弊害は出ていませんが、今使っているのが壊れた時に、同じものを買うかと言われれば、次は日本製にしたいですね。泡脱毛タイプは、衛生面から考えて長くは使用しないつもりです。ランニングコストも踏まえて、フラッシュ式もいいかと今は考えています。

脱毛器の困った

今回の海外旅行で一番大変だったのが背中の脱毛。ウェディングドレスがビスチェ式ということもあり、背中の脱毛は絶対だったのです。私の体が硬いからか、どう頑張っても無理でした。ネットで調べても背中の脱毛を自分でやろうとすると、ケガをしたり背中ニキビの原因になるからおススメはしないと書かれていました。一生に一度の結婚式も迫っているのでメイクをお願いしているコーディネーターに電話したところ、本番の入り時間を早くしてくれれば、背中の脱毛を手伝ってくれるとのこと、お願いをして本番はきれいな背中でウェディングドレスを着ることができました。背中の脱毛なんて、考えもしていなかったので本当にヒヤヒヤしました。夏に水着を着る人は、その都度クリニックで脱毛してもらわなくてはだめなのですね。知りませんでした。

こちらもチェック!人気のコンテンツ!

コメントを残す

このページの先頭へ