僕はマイクロタッチスイッチブレードで無駄毛処理してます。

見てから届くまで

この商品を初めて見たのは日本直販さんのCMです。

ちょうど髪の毛を剃りたいなと思っていた時にこの商品のCMが流れたのです。

最初見た時僕はただのバリカンみたいなのを想像していました。しかしよくよく商品説明を見てみると驚くことが分かったのです。なんと全身のほとんどの毛を剃ることができるのです。

髪や頬に髭から始まり腕足脇胸毛そしてデリケートゾーンまで処理できると分かったのです。

あまり浪費せず節約志向だったのですがこのチャンスを逃すことはかなり痛手になると思い購入を決めたのです。ワクワクしながら届くのを待ってました。

予定の3日後よりも早くなんと2日で届いたのです。これには僕もかなり驚きそして支払いを気づかずに過ごしていました。

なんとか祖母が対応にでて支払いを済ましてくれました。後に代金分支払いました。

だいたいアマゾンさんで受け取る荷物よりかは3周りほど小さかったです。

開けてみるとさらに商品の入ってるケースがあり中身を出してから説明書を読みました。
マイクロタッチスイッチブレード

使用した感じ

商品名はマイクロタッチスイッチブレードです。注文した際あまり名前は確認せず商品の使いどころにばかり目が行ってました。

そして開封してから調べてみました。どうやら剃る所は2つあるようです。

片方は髪の毛などを剃るアタッチメントをつけてのシェーバー。そしてもう片方は鼻毛や髭そして小さく生えた所を剃るミニシェーバーです。

アタッチメントは普通のシェーバーの方は例えば髪の毛を切る際、長さを調節するのに付けるものでもう片方のミニシェーバーにもミリ単位で長さをそろえる物でした。

早速鼻の毛を剃ってみましたがアタッチメントが大きく鼻に入りません。なので外して使うことにしました。

もちろんアタッチメントなしでも使えますが説明書には刃を皮膚に向けてはならないということで横に倒して動かしていく形になります。

毛が絡まるとシェーバーが止まるのでちょんちょんと撫でるように動かします。大体の毛はそれました。

総合的に見てみる

動力源は単四電池二つとなります。大きさについては先ほどは鼻には入りませんでしたがボールペンを三つ重ねたものをイメージして頂けると簡単だと思います。

アタッチメントについてですが安全面的に付けることが多いと思いますが髪の毛以外に長い髪でないと使うのは難しいと思います。

と言いますのはアタッチメントがでかいために刃の部分に毛が届かないためかなり剃りにくくなります。

なのでこの商品はミニシェーバーの部分をかなり多用することとなります。こっちの方はアタッチメントなしでも皮膚に対し横に向けて軽く押し当てて使用すれば安全に使用できます。

髪を大きいほうのシェーバーで剃ってみたのですがなかなかいい感じに剃れたと思います。

髪に使用する場合はコームでとかすように髪に通して使います。しかしこちらのほうは女性はベリーショートでない限りあまり使用する機会はないと思います。なので基本男性が使うこととなります。

なかなか使い勝手のいい商品ですが音が大きいのが弱点だと思います。

その点除いたらいい商品だと思います。

こちらもチェック!人気のコンテンツ!

コメントを残す

このページの先頭へ