脱毛クリームでスベッスベな足を手に入れよう!

私が初めて脱毛クリームを使ったのは、高校生の頃でした。
昔から足の毛が多く、体育などの時間にツルっとした足の人を見ると何となく羨ましくありました。

良いなぁと思い、カミソリで全部剃った事もありましたが、剃り残しによるチクチクが数週間続き、耐えられませんでした。
こんなにチクチクと痒さが続くなら、剛毛で構わないと思い、結局また伸ばしていました。

たまたま、買い物に行った時に脱毛クリームを発見し、これだ!と思い、購入。
家族にばれるのが、何となく恥ずかしく、深夜お風呂に入るタイミングで使ってみることに。

お風呂で、脱毛クリームをどんどん足に塗っていきます。
こんなので脱毛できるの?という思いと、脱毛クリームから発せられるニオイで、お風呂の空気が薄くなったような……。
気分が悪くなってきましたが、塗ってからしばらく待つようにとあったので、待ちます。
裸でお風呂で待機していると寒くなってきて、気分も悪くて、なんとも言えない気分ですが、まぁ殆どこんな体験する人はいないだろうなぁと、今度は場所を考えてやろうと思った次第です。

しばらくして、ちょっとクリームを削いでみると、見事に毛が!クリームと一緒に落ちていきます。
みるみる、スベスベ肌がこんにちは!です。

しかし、ここで困ったことに塗りが甘く、どうやら脱毛しきれていない部分がありました。
僅かになったクリームを塗りますが、とり切れない部分もありました。
とてつもなく剛毛なので、仕方ないか……と思い、後はカミソリで仕上げることに。

多少ですが、チクチク感はあるものの、全部カミソリで剃った時のような感覚ではありません。
お風呂に足を入れたとき、ストンと足がついたのを感じて、「おお!これまではお風呂に足を入れるだけで抵抗があったのか!」などと感心しました。
水泳選手が体中を剃るのはこういう理由なんだなぁと、しみじみ思います。

ガサガサと毛が絡まる事も無く、スベッスベな足を見て、何となくですが細くなったような感じもします。
やった!と思ったと同時に、クリームのニオイでだいぶやられてしまい、グロッキーな状態で、お風呂からあがりました。
今度はできれば、風通しの良いところでしたいものだと思いました。

後日談ですが、毛が伸びてくるとやはりチクチクするので、またしばらくしてクリームを使いました。
一度この足を手に入れてしまうと、剛毛に戻りたくないという意思からか、常に剃ったり、クリームを使いと、何かと手入れに時間がかかることも分かりました。

このページの先頭へ