脱毛クリームは使用上の注意を守って使いましょう

脱毛処理は、カミソリや毛抜きを使って自己処理をしていました。
費用はかかりませんが、時間がかかります。

特にワキなどの見えづらい部分の脱毛は、本当に困ります。
肌もプツプツと毛穴が目立つようになってきたこともあり、カミソリでの脱毛はそろそろ限界だと感じていました。

そこで肌への負担も軽く、費用もかからず、効率よく脱毛できる方法として思いついたのが、脱毛クリームを使うことでした。
脱毛クリームはドラッグストアで購入することができ、使い方も簡単そうです。
今までの地道な作業に比べ、こんなに簡単にできることがわかり拍子抜けしてしまいました。

早速、脱毛クリームを塗ってみました。
放置する時間を少し長めに取り、期待しながら洗い流してみるとムダ毛が残っています。
なんで脱毛ができなかったのか考えてみると、クリームの塗る量が少なかったのではないかと思い始めました。

使用上の注意には、脱毛クリームは間隔をあけて使うように書いてありました。
でも私は、脱毛効果がないくらいの量しかクリームは使ってないから大丈夫だと思い込んでしまったのです。

前回の脱毛から1週間も経たないうちに、脱毛クリームを使いました。
今度はクリームをたっぷり使用し、放置時間もさらに長く置いてみました。
すると、肌がチクチク痛み出しました。

これが脱毛クリームの効いているサインなのかと思って我慢していましたが、だんだん痛みは強くなっていきます。
慌てて脱毛クリームを洗い流して肌を見ると、真っ赤になっていました。
痛みはますます強くなり、怖くなった私は急いで病院に行きました。
肌の弱い私は、見事に皮膚の炎症を起こしてしまい、赤く腫れた肌は熱を持っていました。

間違った使用法をしてしまったばかりに、完治するまで数週間かかりました。
もちろんその間は、脱毛はできません。
軽い気持ちでやったことへの代償は大きく、身に沁みました。

それ以来、脱毛クリームを使用することはためらいがあり、使っていません。

このページの先頭へ