脱毛クリームは手の届きにくい背中の脱毛にとても便利

カミソリや毛抜きでは処理しにくいのが、手がなかなか届かない背中のムダ毛です。
手足に比べると毛が細いので放置しているというかたも少なくありませんが、私の場合はかなりもさもさとしていて、そのままにしていると視線が気になってしまうのでうなじから肩のライン辺りにかけては頻繁にカミソリで処理をしていました。

しかし、夏場になって露出が多くなってくると、襟ぐりが開いていて背中も大きく開いているタイプの服を着るときに、処理しきれない範囲まで見えてしまい困ってしまいます。
そこで利用するようになったのが脱毛クリームです。

商品によっては手足など部位が限定されているものもありますので、全身に使えるものを購入して利用します。
いろいろなタイプがありますが、私はヘラを使ってクリームを塗り、しばらく放置した後に洗い流すだけで脱毛できるものを使いました。
敏感肌なので成分がなるべく優しいものを選び、塗った後にスポンジやタオルで擦って毛を抜くタイプのものは刺激が強すぎるではないかと思い候補から外しました。
お風呂に入る前に利用すればそれほど手間ではないので非常に重宝します。

使いかたのコツとしては、なるべくたっぷりめにクリームを塗ること、毛の量が多い人は少し長めの時間放置することでしっかりと除毛することができます。
剃った後の嫌なチクチクを感じずにツルツルになりますので、直後に下着を付けるとシャツがくっつくように感じますが、綺麗に処理できた証拠です。

ただ、脱毛クリームは弱酸性の肌とは反するアルカリ性で、ムダ毛のたんぱく質を溶かして脱毛するのが目的のものです。
ですので、どんなに成分が優しいものを利用してもある程度負担をかけてしまうことは避けられないことは注意しなければなりません。
必ず最初にパッチテストを行うことと、敏感な部位は避けるように使う必要があります。

トラブルを避けるためにも、使用の前後にはしっかりと保湿することも大切だと感じました。

このページの先頭へ