カミソリ負けでボロボロだった肌が脱毛で普通になりました

私が医療脱毛をしようと思ったのは、同僚がヒゲの脱毛をしたよ、と言ってきたことです。

私自身もヒゲには悩まされていて、かなり濃いため夕方にはもう生えてきているような状態でした。
そこで医療脱毛を受けようと決心し、1ヶ月かけて情報を集め、クリニックに予約をしました。

情報源は主に2chでした。
なぜかと言えば、そこに生の声が集まっているから、と踏んだからです。
やはり、そこに書き込んでいる常連さんも多く、私みたいなよくわかっていない人も多く、情報は多く集まりました。

どこそこで受けたらひどい目にあった、どこそこで受けても全く効果がなかった、などネガティブな情報も多く、そういったところを避けて、どういったところですればよいか、というのを自分なりにまとめていきました。

結局、2ヶ所の医院を持つクリニックに決めました。
というのも、ヒゲの脱毛に関するブログを作っており、熱心に活動していること、そして、1年コースでいくら、と値段も安すぎもせず高すぎもせず妥当かな、と思う値段だったことが決め手でした。

ただ、色々と情報を集めたつもりでしたが、クリニックで説明を受けて、実際は知らないことが多いんだな、というのも感じたことは事実です。

施術を受けた感じは、痛い、という言葉しか出てきませんでした。
仕事の帰りの時間にちょうど終わるため、仕事の帰りには行くことができませんでした。
そのため、休日に通っていましたが、休みの日に自分はなにをしているのだろう、と施術を受けている間は途方に暮れていたのを覚えています。

結局1年通い、計10回ほど脱毛の施術を受けた結果、かなりヒゲの量は減りました。
今では、大分楽にヒゲを剃ることができるようになり、脱毛をするまではカミソリ負けでボロボロだった肌も普通の肌になっています。

正直、もっと早く脱毛をしていれば良かったですし、何を躊躇していたのか、と思います。
あれから2年経ちますが、また少しヒゲが増えてきましたので、また脱毛に行こうと思っています。

このページの先頭へ