短時間で広範囲のムダ毛を処理でる脱毛テープ!

脇や手足のムダ毛の処理方法にはいくつもありますが、手軽さやコストの低さを思うと、剃刀でのシェービングが一番です。
しかし、肌への刺激や負担を考えると、ムダ毛の処理頻度は2週間に1~2回程度が良いと言われております。
毎日ムダ毛を処理すると、肌への負担は相当のものになり、色素沈着や黒ずみの原因になることもあります。
その点、脱毛テープは毛が生えるまでの期間が比較的長いといった点が好印象です。

脱毛テープは、短時間で広範囲のムダ毛を処理できます。
しかも、毛根から毛を抜くことが出来るので、脱毛の回数も減らすことが出来ます。
スーパーやドラッグストアなどで気軽に購入出来、値段も1000円前後からとお手頃です。

脱毛テープはさまざまな大きさがあります。
手足や脇、ビキニラインなど、脱毛したい部位によって選びます。
脱毛テープを利用す際は、毛穴の開いて毛根が柔らかい状態での使用が理想的です。
蒸しタオルなどで肌をしっかり温めるのが理想的ですが、入浴後に始めるのが簡単でお勧めです。

脱毛テープの使い方は簡単で、毛が生えている部分に毛の流れに沿って貼ってはがすだけです。
昔テレビの番組で、とても毛深い男性の芸人さんに脱毛テープを貼って一気にはがし、「ぎゃ~!!!」っと悲鳴を上げるというコントがありました。
テープには真黒な毛がびっしりで、手はつるつるになっていました。
その時の「ぎゃ~!!!」の印象がとても強かったので、始めてテープを剥がす時は、どれだけ痛いのだろうとドキドキしました。

まあ、その頃からずいぶん経っているせいで性能が向上していたのか、思っていたよりは全然痛くありませんでした。
しかし、どうしても毛が引っ張られてる感じがあるので、それが苦手な人は慣れるまで時間がかかると思います。
そして、出来るだけ一気に剥がしたほうが痛みを感じずらいとおもいます。

脱毛後は肌を冷やして、開いた毛穴を引き締めます。
放っておくと炎症や化膿を引き起こす場合もあり、毛穴が開いたままになるとお肌も荒れてしまいます。
脱毛後のケアはとても大事です。
ムダ毛処理後の肌はかなり敏感になっているため、肌に合わない化粧品でケアをすると、逆に肌トラブルを起こすこともあります。
できるだけ低刺激のローションやクリームで保湿するのが望ましいです。

また、生理の前後は肌が常に敏感になっているので、その期間を避けて手入れする方が良いと思います。

このページの先頭へ