脱毛テープはむだ毛処理後のアイシングケアで肌ダメージ抑制

むだ毛処理は1回1回ずつは大したコストではなかったとしても何十年単位で考えると、かなりお財布にはダメージがあり、少しでも安価にむだ毛処理をしたいと思うことは誰でもあるかもしれません。

むだ毛処理のなかで脱毛は様々な方法がありますが、専門サロンや脱毛器など初期投資がかかるものもあり、もっと手軽にもっとコストパフォーマンスよく脱毛をするためにはどうすればいいのだろうと思う人は多いでしょう。

そんなときに考えるべきなのが脱毛テープです。

脱毛テープというとむだ毛処理のなかではかなりコストパフォーマンスがいいところがメリットであり、また手軽に使用できるのもいいところではないでしょうか。

また電源がなくてもいいので、ちょっとした旅行やお泊まりのときはかばんに入れておくのもいいかもしれません。

脱毛テープは肌に直接貼り付けるので皮膚が弱い人だと難しいかもしれませんが、お風呂上がりなど肌がダメージを受けやすいときに使用を避けたりすることで、皮膚へのダメージは軽減がずいぶんとされるのです。

もちろん脱毛テープは粘着部分があるので、ボディクリームなど塗り立ては効果が薄れるので気をつけたほうがいいですが、基本的には場所を選ばずいつでも使用をできるのが手軽さがあり利便性が高いのです。

もちろん脱毛テープは独特の脱毛時のピリピリはありますが、脱毛後に皮膚をアイシングしたりすると毛穴が引き締まりますし、また痛みを感じにくくなります。

アイシングのための専用のシートやジェルがなくても缶ジュースやペットボトルなど冷蔵庫で冷やしておけば簡単にアイシングができるので、脱毛テープ時のピリピリを楽にできるのではないでしょうか。

またむだ毛の数が多い人だと脱毛テープを繰り返し使用をすることをおすすめしますが、脱毛テープは基本的に足や腕など皮膚が強いところが一番使い勝手がいいですし効率がいいので、ピンポイントでの使用がもっともメリットを感じやすいかもしれません。

このページの先頭へ