脱毛テープでも使い方を工夫すれば、エステサロン並みにツルわきになります。

ムダ毛の処理はいつも困ってしまいます。
夏場は基本的に露出が多いのでずっと気を付けるようにしているのですが、それ以外の季節は表に出ないので放置してしまうことがあり、忘れがちであり、たまにしまったということがあります。

そのために、エステサロンに出かけるのも大儀だしお金がかかるのは正直つらいです。
それで、手軽に使える方法として脱毛テープ(ムダ毛処理)をよく使うようにしています。

ブラジリアンワックスも脱毛テープの一種として、最初に少し高いですが挑戦してみました。
容器から取り出して、ワキに均等に塗って、乾くのを待ちます。それからバリバリとはがしてゆき一緒にムダ毛を一掃するというものです。
これは、ものすごく痛いです。
痛いわりに、多くはぬけません。
そのあと、別処理が必要です。
此れを平気で出来る外人の女性は凄いと思いました。
当然下腹部はしていません。ワキノしたがしばらく赤く腫れた状態でした。
自分に合う合わないが分かれるやり方ですね。

脱毛テープ(ムダ毛処理)自体は種類も多く、使う箇所の広さで枚数を選べるので例えばワキだけならば1000円出せばことたります。
会社ごとでも糊の粘度が違うのでいくつかの会社の物を少量買ってみて、自分の肌に合うものを探すことが大切です。

いずれにしても言えることは、糊の強いものはムダ毛をつかむ力も強いですが、肌をホ-ルドする力も強いのではがすときには痛みが伴います。
糊の中に麻痺させるくすりのようなものがはいっておればよいのでしょうが・・・そんなものは有りませんでした。

つまり、ある程度いたくないと効果は期待できないということになるのです。
ただはがし方に工夫をすれば、避けられる痛みもあります。
良くブラジリアンワックスのようにベキベキとはがすということをする女性がいますが、それはきついです。

脱毛テープ(ムダ毛処理)の場合、少しずつ外していけばよいので、それで痛みも軽減されます。
そして大切なのは、毛穴の周辺の肌が、ダメ-ジを確実に追っていますから、クリ-ムを塗り込んでおくことが必要です。
此れを忘れると赤くなることがあります。

このページの先頭へ