ケノンをノーノーヘア・トリアと比較

ケノンとラヴィとトリアとノーノーヘアとソイエ ケノンとラヴィ-1
私が買って比較した脱毛器はコチラ(左上からラヴィ、トリア、ソイエ、ケノン、ノーノーヘア)

大きさだけ見ちゃうと・・・ケノンが大きくてちょっと邪魔になっちゃうんですけど、効果や使い勝手はよいです。

ケノンだってそりゃ多少のデメリットくらいあるさ・・・(笑)

まずは、この中でもケノンとラヴィが一番似ている脱毛器となります。他はちょっとタイプが違いますね。

さっきも書いたけど・・・ケノンの方が大きいです。幅がケノンの方がありますね。でもケノンは、いろんな色が発売されていて、コロンとした形でかわいいので見えるところに置いておいても脱毛器って思われなくていい。

ケノンとラヴィ-2
開いてみると・・・こんな感じ。ケノンは青く光っているところが液晶画面になっていて、とっても見やすい。それに比べて・・・ラヴィはちょっとアナログな感じで見づらいです。

ケノンとラヴィ-3
次に注目するのは、ハンドピース!!やはりこれをもって肌に照射していくのでとっても重要です。

ケノンはちょっと細長で、シェイプされた部分を持ちます。ラヴィは包むように持つ感じ。私的には、ケノンの方が持ちやすい。まぁそれについては若干個人差もあるかと思います。

ケノンとラヴィ-4
重要と思われる、照射面の確認!ちょっと照射面の方向が違うのでうまく撮れませんでした。

でもね、この写真でもわかるんじゃないかな?ケノンの方が、横幅あるでしょ!実際に、ケノンは20ミリ×35ミリ(ラージ)で、ラヴィが20ミリ×30ミリなんですよ!縦は同じで20ミリです。

照射面積が大きいと照射回数が減るので、脱毛するには楽なんです。

あっ、今ではカートリッジのサイズも増えて「エクストララージ25ミリ×37ミリ」やスリムカートリッジ、ヒゲカートリッジもあり、用途によって使い分けられるのでいいです。

またハンドピースが軽いので疲れにくい。

ケノンのディスプレイ-1
そうそう液晶ディスプレイは本当に見やすくて便利。最初はこんな画面で、モードを押すと現在のレベルが表示されるよ!

そして左の矢印を押すとレベルが変わる。とっても見やすいと思いませんか?それに比べてラヴィったら見づらい。

ケノンのディスプレイ-2
こちらの写真はちょいとぶれてしまったけど、照射と照射の間の時間が目に見えてわかる。

しかもラヴィなど他の脱毛器に比べて断然短いので、スムーズに照射が出来る。つまり待ち時間が短いので、トータル時間も短くてすむ。

ケノンで脱毛する
今ショットの話が出ましたが、ケノンは「1・3・6連射」が選べます。肌が強い人は1ショット、肌が弱い人は3か6連射にして肌への負担を分散させてあげます。

他の脱毛器のレベルは5段階程度が普通ですが、ケノンは10段階もあります。

もちろん強い方がより効果が出ますが、肌が弱い人は無理して強いレベルでやってしまうと肌に良くないので、そういった人は弱めで当ててくださいね。

肌が比較的強い人は、エステ並みのパワーのレベル8以上をお勧めします。ちなみに普通がレベル5-7です。

肌とハンドピースの角度はこんな感じになります。ハンドピースの照射面が肌にぴたっとくっつくようにしてくださいね。自動を選択していると、ぴったりくっついたときに照射が始まります。

逆に言うとちゃんとついていなければ照射されないので安心ですよ!照射する時は、セットのサングラスをかけて下さいね。

トリアとケノン
トリアとケノンはちょっと別物ですね。もしお金に余裕のある人は、併用して使うとよりいいと思う。

ケノンは、照射された時にまぶしいのです。体を照射するにはあまり問題はないけど・・・口髭とかやりたい人はまぶしいかなと思う。

その点トリアは、照射面が小さいので、口髭とか細かいところ向き。しかもまぶしくないので口髭部分でも苦ではない。ただ面積が小さいので、体を脱毛しようと思うと照射回数がかなり増えて大変です。

照射部を並べてみましたが、かなり差があります。実は、ケノン1ショットでトリア約32照射分。

トリアって1センチの円なんだけど、円なので照射して重ならないようにしてしまうと、間が空いてしまうので、5ミリ重なるように照射するので、5ミリづつしか進めない。

かなり小刻みな動き。口髭程度ならばそれでも良いけど・・・ヒザ下とかになると・・・恐ろしいほどの回数を照射しないといけない(@_@;)

そう考えると、ケノンってなんて便利なの!?と言う感じです。

また、ケノンはカートリッジ方式なので、カートリッジを交換するだけで長いこと使えますが、トリアはランプの寿命がくれば本体ごと使えなくなっちゃう。また買おうと思うと高くなってしまう。

ケノンの本体は高いけどカートリッジは安いので、長く愛用するのであればかなりお得(*^。^*)

また本体と一体型なので、重たいです。何回も照射しないといけないのに重たいのはちょっと苦痛ですよね。

他の脱毛器は安いだけあって、比較対象外ですね。一応使ったけど、脱毛器と謳っているけど・・・私たちが求める脱毛とはちょっと違いますね。

色々試したけど・・・やっぱりケノンに勝るものはないと言ったところですね。

ケノン公式HP

良かった家庭用脱毛器はどれかというと・・・

使い勝手ももちろんだけど・・・効果なども断然ケノンがオススメ・・・・効果があるならば・・・実は痛いんじゃないか??など色々不安なことが気になりますよね。

脱毛器を一度もやったことがない人にはかなり未知の世界なんだと思う。世間一般に売っている脱毛器や、脱毛サロンで行う脱毛は、痛いというよりは、熱いといった感覚です。

照射したときにバチッって光りますが、これが一瞬熱いのです。でも一瞬なのであっという間の事です。レベルが高いほど熱さは感じますが、ケノンはレベル10でも私は大丈夫でした。

ただ・・・私個人でも部位によって感じ方が違うのでどの部位でもレベル10が大丈夫か・・・と言われるとNOかもしれない。

ヒザ下とヒザでも違います。ヒザって結構色素沈着しませんか?黒に反応しちゃうのでヒザは他より痛みを感じやすいですね。しかも毛が濃い場所は、薄い場所に比べると痛み(熱さ)を感じてしまいます。

ですので、ヒザ下はレベル10でも上に上がるにつれてレベルを下げるってことも時には必要。

ケノンは、10段階ありますがしっかりと差を感じられます。

しかし・・・ラヴィは7段階しかないのに私は差をあまり感じられなかった。だからレベルの意味があるのかな?なんてちょっと思ったりもしました。

そういった所でもケノンはとっても優秀です。

トリアは、レベルが5段階なんだけどしっかり差を感じました。色素沈着があった足指はかなり痛みを感じました。トリアは、熱いよりも痛いに近い感覚です。

効果はありそうだけど・・・やっぱり照射面積が小さいのが面倒だわ。

家庭用脱毛器って自分の都合で色々できちゃうのがいいところですよね。

サロンに通うと、イチイチ予約しないといけないし、予約した日に予定が入ったり、生理がずれてしまって当たってしまったらお手入れが出来なくなるし・・・色々トラブルがつきもの。

当日キャンセルはキャンセル料金がかかったり1回分消化扱いになったりしてしまいます。

そう考えても、ケノンならば自分の都合でお手入れが可能。

生理になってしまったら、終わるまで待てばいいし。予定が入ってしまったら翌日にずらせばいいしね。

何よりサロンへ行く時間もお金もかからない。嫌な勧誘もない。デリケートゾーンも自分ですれば恥ずかしくない!!

やっぱり同じ女性でも、デリケートゾーンをケアしてもらうにはちょっと抵抗がありますよね。

やっぱり何をとってもケノンが一番♪

ケノン公式HP

家庭用脱毛器ケノンの購入前に知っておきたい基礎知識

ケノンのレベル

ケノンは、他の脱毛器とは違ってレベルが10段階もあります。これってすごいよね。肌が弱い人も、いち早く効果を出したい人も同じ脱毛器でケアできちゃうんだよ!

  • レベル1・2は、とても肌が敏感な人向け
  • レベル3・4は、敏感な人向け
  • レベル5-7は、普通の人向け
  • レベル8-10は、早く脱毛したい人向け

なんですよ!今は、敏感かそうじゃないか・・・で分けましたが、その他に肌の色でも変わってきます。

人によっても肌の色も違うし、同じ人でも部位によって肌の色は違うので、部位によってレベルは使い分けてほしいのです。

またさらに言うと、毛量にもよって痛みの感じやすさが変わります。

基本的に、毛が太く毛根が深いと痛みを感じやすく、毛が薄く毛根が浅いと痛みをあまり感じません。男性と女性と比べると・・・男性の方が、ちょっと毛が濃いので痛みを感じやすいですね。

こういった事も踏まえてレベルは決めてくださいね。

レベルが高い方がいいんだ!といって肌が弱いのにレベルを上げすぎてしまうと、逆に肌に負担がかかってしまうので気を付けてください。あと、カートリッジさえ追加で買えば、家族で使いまわせるのです。

そうなるとかなりコスパがよい!!しかも脱毛サロンへ行く時間も手間も省けてしまう。時間もお金も有効活用出来ちゃいますね。

ケノンで顔の脱毛は出来るの!?

もちろん顔も脱毛が可能です。しかし、目や唇には絶対に照射しないで下さいね。照射面積が大きいので、口周りをやってもあっという間に終わります。

もみあげが気になる場合もあっという間に終わっちゃいます。

顔の細かい部分やりたい人は、小さいカートリッジがあると照射がやりやすいですね。間接的に光(照射時の)を見ても目には害はないようですが、ちゃんとサングラスをしてくださいね。

私は照射の度に目をつぶることにしています。数回の照射で済むので苦痛感はないですね。

あとは、顔の脱毛を開始する時は、メイクも落としてくださいね。脱毛前にローション、クリーム、オイルを使用してしまうと脱毛の効率が悪くなるようなので、何も塗っていない状態で照射するようにしてください。

そうそう最近では、毛に悩む男子も増えてきています。でも脱毛サロンにいくのは・・・という事で、こっそりケノンでヒゲ脱毛をしている人が増えているそうです。

悩める男子にも強い味方のケノンだね。そうそうヒゲ専用のカートリッジもあるので、それを使うとより照射しやすいと思うよ。ヒゲ専用カートリッジは男女兼用です。

ケノンで背中の脱毛したい!

ケノンは自分で出来るのが魅力の一つ。つまり自分の手が届かない部分は一人で行う事が出来ないのです。家族や友人が手伝ってくれると、背中なんかの手が届かない部分もお手入れが可能になります。

家族と共有して使っていると話が早く、自分もやってもらえて、自分もやってあげて・・・って出来るよね。

ですので、ケノンで全身脱毛を目指す人は、協力してくれる人も探してください。家族で使うのであれば、脱毛にかかる一人分の金額も押さえられるのでとってもお得ですよ!

背中は面積が大きいので人に照射させたら大変かな!?なんて思ってしまうかもしれないけど・・・

ケノンは他の家庭用脱毛器と比較すると、1回の照射面積が大きいので、照射回数が少なくて済みます。

だからさほど時間もかからずに終わります。だから人にも頼みやすい!!その点も踏まえて、友達や家族に相談しましょう♪

脱毛器のケノンで美顔も出来ちゃう

脱毛器は脱毛しかできないって普通は思うよね。でもケノンはカートリッジを交換するだけで美顔器にも変身できます。

使い方もいたって簡単♪カートリッジをスキンケア用カートリッジに変えるだけ。あとは脱毛と同じなんです。

顔以外にも体にも使えちゃうそうです。

でもやっぱり顔を綺麗にしたいよね♪

まずは、メイクを落とします。自分が気になっている部分に照射するだけで終わり。その後は通常のお手入れ(化粧水など)をするだけでokなんですよ。

ここだけの話、戸籍上男だけど・・・訳あって綺麗になりたい人もいるでしょ!そういったお姉さんにも好評なんだよ!

心は乙女でも、やはり戸籍上男だから、毛が濃いのよね・・・でもサロンに行くのは恥ずかしいって人は、ケノンを買って脱毛して・・・そして美顔までして見た目は女性に変身していくの。

ケノンがあれば、短期間でケア出来ていくのでとっても便利。脱毛器と美顔器を一気に手にいれて綺麗になりませんか!?

こっそり自宅でvio脱毛するにはケノンが一番♪

いくら脱毛サロンのスタッフが慣れているといっても、客で行く私はなんとなく恥ずかしい。でも蒸れたりしてvio脱毛はしたいのです。

そうなるとやはり自分でするのが一番だと思いませんか?自分で自分をやるのだから恥ずかしいことないよね。誰にも見られることないし、誰にも言わなきゃバレナイ。

Vio以外にも脱毛が可能だし・・・・。

アンケートによると・・・男性も女性のvio脱毛をしてほしいようですヨ。ごわごわしていたり、ショーツからはみ出ているのは嫌なんだってヨ。

私は蒸れたりするので毛がない方が良さそう♪なんて個人的に思っていましたが、男性も理想の毛量ってのがあるようです。

程よく整っているのが良いそうですが・・・程よくってどんな状態!?とちょっと疑問もでちゃいますが・・・ようは伸びっぱなしよりも、ちょっと気にしてお手入れしてますよ!みたいのが良いのかな?

とにもかくにも、女性の立場でも男性の立場でも、vio脱毛はするのがよいはず。だって女性も生理の時、毛があると蒸れてかゆくなるでしょ!

すでに脱毛した友人に聞いたら、かゆくならなくなったって言ってました。

友人は脱毛サロンに通ったそうですが、恥ずかしかったと言っていた。

ケノンの存在を知っていたらサロンに行かずに買って自分でやっていたと言っていました。

なんかさ、サロンって毎回別の人だったんだって!だから脱毛サロンのスタッフの大多数に見られたと思うと本気で恥ずかしくって・・・と言っていました。私もその話を聞いて「やっぱりケノンでやるのが一番」と思いました。

ケノン公式HP

家庭用脱毛器ケノンQ&A

家庭用脱毛器が本当にベストなの?ムダ毛処理&脱毛方法比較

カミソリのデメリット
毛が生え始めて・・・自己処理を初めてする時は、やっぱりお金もないし知識もないので、カミソリで剃るか毛抜きで抜くかのどちらかをやってしまいますよね。

それから歳を重ねても、だいたいその最初に始めた自己処理のままか、「カミソリ→毛抜き→除毛クリーム」と移動したり、順序が変わる程度で、だいたい最初に書いた「カミソリ」「毛抜き」「除毛クリーム」止まりになりますね。

大学生や社会人になって「脱毛もやったみたいな」と思うけど・・・お金がなくて断念せざるを得ない時もあるし・・・難しいところではありますよね。自己処理頻度は、個人個人によってまちまちではありますが、若い頃は特に敏感なので、かなりの頻度で処理していませんでしたか?

私はそうでした。毛がなくなればいいので毎日やっていた時もありました。毎日自己処理していた時に、まさか自己処理のせいで自分の肌を痛めていたなんて全然知りもしませんでした。でもよくよく考えると、肌に泡を付けているとは言っても、カミソリを滑らせているので傷ついていますよね。

カミソリ負けもそれが理由で肌が炎症を起こしてしまいます。またカミソリは繰り返すことで、色素沈着してしまうので、毛以前の問題も発生してきます。たまにカミソリで皮膚を切ってしまう時もあるし、一番肌トラブルが起きやすい自己処理方法と言えます。

毛抜きのデメリット
カミソリがダメなら毛抜きがいいんじゃない?肌を痛めそうもないしと思い毛抜きをするようになりました。元々親の白髪抜きとか好きだったんで、毛抜きも面白くてしょっちゅうやっていました。

しかーし、毛抜きも肌への負担はあったんです!知っていましたか?

毛抜きをすることにより、皮膚も引っ張られるので・・・毛穴にトラブルが起きやすいです。

また毛穴が広がって細菌が入りやすくなり炎症を起こす可能性も出てきて、結果肌への負担を引き起こすことになります。

またうまく抜けずに毛根が残ってしまうと毛が埋没してしまうこともあります。

私は結構埋没する毛に悩まされました。最初は知りませんでしたが、毛抜きが原因で起こっていました。他に自己処理と言えば除毛クリームやワックス、シートなどがありますね。除毛クリームは、表面に出ている毛をクリームで溶かすわけなので、かなり刺激があるものですね。

刺激があるため、長時間塗ったままですと肌に負担がかかるし、肌が弱い人は特に炎症を起こしやすいですね。肌が健康な人でも使い方を間違うと肌へのダメージは大きいですね。また、表面に出ている毛が溶けるので、すぐに毛が生えて来てしまいます。

そうすると何回も処理しないといけなくなるので、更に肌へ負担がかかってしまいます。

除毛シートは、びりびりっとシートをはがして毛を抜くので、毛抜きの大量版になるので、毛抜きよりも肌へのダメージが大きいですね。また綺麗に抜けないといったトラブルもありますので注意が必要です。

ムダ毛を脱色する方法もありますが、髪の毛と違い毛が短いので皮膚に薬剤がつくので肌へ刺激が大きいです。また脱色してもすぐに伸びてしまうので賢い方法とは言えません。自己処理の中では一番電気シェーバーが肌への負担が少ないです。

脱毛サロンでも通っている時の自己処理も電気シェーバーでするように言われます。かといって、肌に押し付けたり何度も何度も同じ場所を剃ろうとすると、肌に負担がかかるので、いくら電気シェーバーであっても回数や力加減には細心の注意が必要です。

脱毛サロンを利用してみよう

脱毛サロンのメリット1
自己処理がどれだけ肌に負担をかけているかわかってもらえましたでしょうか?考えると恐ろしいですね。では次に、自己処理って一生の間にどれくらいの時間を費やすと思いますか?

もちろん個人差はありますが、考えるとかなりの時間になります。それだけ肌への負担を一生かけていることにもなるし、また自己処理にも時間を割かないといけません。

例え、週1回5分やったとしても、だいたい中学生くらいからするんじゃないですかね。中学生(13歳)から始めたとして、60歳まで自己処理をしたとします。

一年間でどのくらいかというと、365日÷7日で52日となり、52日×5分で一年間で260分。先ほどの年数を行ったとしたら、48年間となるので、260分×48年間は、12480分となり、一生で208時間自己処理に費やすこととなるし、その時間自己処理により肌を痛めていることになる。

もっと回数が多い人もいれば、時間も長い人もいるかもしれないので、そうするともっともっと時間がかかる。もちろん月に1回しかしないよという人もいるかもしれない。

でもそれでもかなりの時間を費やしていますよね。またカミソリだったとしても、消耗品なんでそれだけ回数を重ねれば安いカミソリを使っていたとしても、一生分トータルすると意外とお金がかかるはずです。そう考えると・・・ムダ毛の処理をしなければいいのか?

と思ってしまうが、そんなわけにはいかないですよね。やっぱり女性は綺麗でいたいし。そこで、私は脱毛サロンでの脱毛をお勧めします。

若いうちに脱毛サロンに通えば、その後の人生ムダ毛処理に関する時間は不要になるし、肌に負担をかけることもありません。でも脱毛サロンに通うのは高いし行くのが面倒じゃない?と思われるかもしれない。

確かに家からサロンが遠ければそう思うかもしれない。でも会社に行ったり学校に行ったりするでしょ!今は脱毛サロンは全国に色々あるので、だいたい主要な場所には駅にお近くにサロンがあるので、通いやすいはずです。
また夜遅くまでやっているところも多いので仕事帰りや学校帰りにも通いやすい。

しかもワキだけならあっという間に終わりますよ!しかも毎日通うわけではなく、サロンによって通う頻度は違うけど、だいたい2-3ヶ月に1回で平気。しかも2-3年通うだけ。2-3ヶ月に1回となれば、1年で多くても6回3年通っても18回です。それで今後の自己処理が不要になるのであればかなりいいと思わないですか?

もちろん全身脱毛するのであれば1回の時間が増えたり、いっぺんには全身が出来ないので、もう少し頻度をあげて通わないといけないこともありますが、ワキとヒザ下とか気になる部分だけであれば、一回で両方できるし1時間もあれば終わるはずです。

脱毛サロンのメリット-2
私もワキとヒザ下は経験済みですが、かなり楽ちんですよ。たまにひょろっと毛が出てくるのでそれは電気シェーバーで処理する程度。

昔はかなり高額だった脱毛ですが、今は両ワキが回数無制限で600円とか1000円とかで出来たりしますよ!

サロンによって値段はまちまちなので自分が行きたい場所にあるサロンだったり、値段で決めてもいいと思います。また脱毛サロンの脱毛は、肌にいいものを厳選して使用しているので、肌への負担は少ないです。

また自己処理程回数もしないで毛がなくなるので、肌にとってもいいですよ。私も脱毛後の肌はかなり調子がいいです。サロンによって脱毛マシンは違うので、多少痛みは違いますが、同じ部位であればどこも似たり寄ったりで痛さはあまりありません。

ただ、デリケートゾーンとかは、他の部位よりは痛みがあるそうです。また、皮膚の厚さや色なんかで多少痛さは変わるみたいです。

それでも、脱毛サロンはイヤだという人は・・・

脱毛サロンは、今や誰にだって通えるほど気軽になっているし、価格も安くなってきている、そして、自分で毛の処理するよりも、はるかに楽で美容にも良いということはわかってもらえたかな・・・と思います。

だけど、だけど、それでも脱毛サロンに抵抗があるという人もいるでしょう。通うのが面倒に感じるとかやっぱり人に脱毛してもらうのには抵抗があるなどなど。

そんな人には、家庭用脱毛器があります。コチラも脱毛サロンと同様に一昔前は1台20万とか30万とか非常に高価な一部の人にしか手が出ない商品でした。ですが、最近、家庭用脱毛器は驚くほど高性能でまた、10万円以下とリーズナブルな商品も登場してきています。

脱毛サロンよりも家庭用脱毛器が気になるという人のために、私マサコは、家庭用脱毛器も色々と購入して実際に試してレビューしましたよ。脱毛サロンで脱毛していない箇所の脱毛や、脱毛済だけどしばらくして毛が再び生えだしたなどの場合に、凄く便利です。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンのように1回いくらという形でお金を支払うのではなく、購入したら自分のものになって脱毛し放題なのがウレシイですね。

私は家庭用脱毛器かな?と思った人は、是非私のレビューをチェックしてみてね♪

  • ケノン(照射面積が広い!美顔器にもなる!最もおススメ!)
  • トリア(照射面積は小さいけど、サングラス不要。口髭や手指などには良い。)
  • ソイエ(知名度は抜群だけど・・・)
  • ラヴィ(コスパの良い家庭用脱毛器)
  • ノーノーヘア(携帯できる。サーミコン式。熱処理。)

このページの先頭へ